THE
FRONTIER
NETWORK

グローバルな視点に立ち、
本気でサステナビリティ・ESG 経営に
取り組む最先端企業ネットワークです。

フロンティア・ネットワーク(TFN) とは

サステナビリティを巡るグローバルな潮流を的確に捉え、
「持続可能な価値 創造」を自ら実践する先進企業ネットワークです。

サステナビリティ課題による制約条件は厳しさを増し、今や企業経営にサステナビリティ・ESGを一体のものとして組み込むことが必須要件となっています。
2003年より活動を開始したフロンティア・ネットワーク(TFN:The Frontier Network)は、変容する環境・社会制約を的確に捉え、「持続可能な価値創造」を自ら実践する先進企業のネットワークです。
メンバー企業各社は、月1回程度開催されるワークショップやレクチャーなどの各種セッションにおいて、継続的かつ主体的に情報収集や議論・情報交換を行っています。
また毎年、「Whyを探す旅」として、世界の先進企業、国際機関や政府組織、有識者や研究所、グローバルNGOなどと意見交換し、世界で起きている新しい潮流の背後にある「Why」への理解を深めています。


活動の特徴

サステナビリティ・ESG経営のフロンティアを追求し、
日本の産業界をリードする活動を続けています。

TFN 3つの特徴

  1. 最先端情報の収集・分析および世界のキーパーソンとの直接対話
  2. 異業種企業が集まるネットワークにおける徹底した議論
  3. メンバー企業各社のサステナビリティ・ESG 経営推進の支援

参加メンバー企業

  • Asahi
  • ajinomoto
  • isuzu
  • AGC
  • docomo
  • kao
  • SEKISUI
  • 中外製薬
  • 竹中工務店
  • NISSAN
  • Panasonic
  • FUJIFILM
  • 三菱商事

運営主体

主催・運営
株式会社イースクエア

株式会社イースクエア

企業のサステナビリティ・ESG経営の支援等を通じて持続可能な社会の構築を目指すコンサルティング会社。

TFNへようこそ
アドバイザー
末吉 竹二郎

末吉 竹二郎

UNEP-FI特別顧問、気候変動イニシアティブ代表、WWFジャパン会長、自然エネルギー財団代表理事・副会長。ビジネスと気候変動に関する日本の第一人者。

Why を探す旅にでよう!

企業のサステナビリティ・ESGの支援を通じて持続可能な社会の実現を目指します。

今年度の活動テーマ(2022年度)

トランジション経営

持続可能な社会構築に向け、社会経済の仕組み自体を
変革することが必須となる。
企業もサステナビリティを念頭に今大きく舵を切り、
変革を牽引する存在となることが求められている。

サステナブルな社会を築くための目標として、パリ協定やSDGsなどが国際的に合意された。その実現に向けて、企業もビジネスのあり方を見直し、大きな役割を果たすことが期待されている。このことを踏まえ、今年度は「トランジション経営」を年間活動テーマに掲げることとした。

実際に、企業を取り巻く事業環境は急速に変わり始めている。資本市場において、サステナビリティ情報開示は主流化しつつある。気候危機に関してはカーボンニュートラルを目指すことが求められる。生物多様性や人権尊重の観点も重要だ。自社が環境・社会にどのようなインパクトを与えながら事業活動を行なっているのかを把握し開示する必要性も出てくる。このような論点を取り上げていく1年とする。


第一人者の知恵

TFNに重要な示唆をいただいている
世界の第一人者からのメッセージ

  • アンドリュー・ウィンストン
    (米国)

    Winston Eco-Strategies創業者

    サステナブル・ビジネスに関する著名な専門家・コンサルタント。ポール・ポルマンと共著で書籍「ネット・ポジティブ」を出版。


    メッセージ
  • ジョン・エルキントン
    (英国)

    Volans 創業者・チーフポリネーター(媒介者)

    グリーンコンシュマー、トリプル・ボトム・ライン等多くのコンセプトを世界に提唱し、サステナビリティの概念を常にリードし続けるオピニオンリーダー。


    メッセージ
  • アショク・コースラ
    (インド)

    Development Alternativesグループ 会長

    環境と持続可能な開発のパイオニア。多くの国際機関でも活躍してきた実績を持ち、インドのみならず世界の持続可能な開発の促進に大きな影響力を発揮。


    メッセージ
  • マーク・ゴーフ
    (英国)

    キャピタル・コアリション CEO

    自然資本プロトコルの策定を手掛けてきたが、自然資本と社会・人的資本の価値が正当に評価される社会を目指しイニシアチブを牽引する活動家。


    メッセージ
  • マイケル・ブラウンガード
    (ドイツ)

    ロイファナ大学リューネブルク 教授、EPEA創業者

    サーキュラー・エコノミーやネット・ポジティブの概念の基礎となるCradle to Cradle(ゆりかごからゆりかごまで)の概念を考案・普及する思想的リーダー。


    メッセージ
  • ジョン・モリソン
    (英国)

    IHRB チーフ・エグゼクティブ

    国際的な人権の専門家。人権・サステナビリティ・開発問題に関して、多くの政府、政府間組織、企業に助言している。


    メッセージ
  • サリー・ユーレン
    (英国)

    Forum for the Future CEO

    サステナブルな未来への転換を目指し、世界の先端を切り開き続ける思想的リーダー。大英帝国勲章(OBE)を受章。


    メッセージ

お問い合わせ

フロンティア・ネットワークに関するご質問、
入会に関するお問い合わせ等は、以下にお願いいたします。

株式会社イースクエア
フロンティア・ネットワーク(TFN:The Frontier Network)事務局

〒105-0003東京都港区西新橋3-23-12
第二山内ビル
TEL 03-5777-6730 / FAX 03-5777-6735
https://www.e-squareinc.com

お問い合わせフォーム
  • E-SQUARE

    フロンティア・ネットワークの事務局を務める株式会社イースクエアは、事業を通じて持続可能な社会の創造に貢献することを目的としたサステナビリティ・ESGに関するコンサルティング企業です。

    詳しく
  • CSR COMPASS

    「CSRコンパス」は、企業がCSRやサステナビリティ、ESGの取り組みを推進していくためのナビゲーションツールです。CSR・サステナビリティに取り組む数多くの企業にご利用いただいております。

    詳しく